多重債務に陥った時に

『前書き?(多重債務とは)』

これから、『債務整理、借金地獄の体験談』を記していこうと思います。

今回は全体のプロローグとして、多重債務の定義と債務整理の簡単な紹介をします。

『多重債務とは』

多重債務とは、消費者金融やクレジットカード会社など、複数の貸金業者から借金をすることをいいます。多くの人は、住宅や車を買う時にはローンを組むことが多いので、複数の借り入れがあるということになります。
言い換えると、返済困難な多重債務は誰にでも可能性があるということです。

普通に暮らしていても、家族の病気で急に多額の医療費が必要になったり、所得面で家計を支えていた人が病気や失業で無収入や収入減になることは想像はできても備えまでは難しいものです。
当初は一時的な所用のために借り入れを始めて、しばらくは順調に返済をしていても、次に想定外の出来事が起きて現金が不足してしまい、返済のために借り入れをする自転車創業の状態に陥ります。

この状態がよく聞く『多重債務』です。

『債務整理の種類』

債務整理の手段がない時代、債務から逃れるためには失踪(いわゆる『夜逃げ』)か自分の身を売ることしかありませんでした。債務が理由の奴隷は、なんと旧約聖書の創世記にも記されています。
現在の日本では債務整理の手段として、『任意整理』、『個人再生』、『自己破産』の3つがあります。自己破産がもっとも知られていますが、ほかに選択できない場合にとるのが自己破産です。

『任意整理』、『個人再生』は借り入れの一部と利息分を軽減することで、3~5年で借り入れの元金を返済するものです。

最近よく聞く『過払い金返還』は債務整理の仕組みとは異なり、法定利率以上の利率で契約、返済していた借り入れについて法定利率で利息を計算しなおし、払いすぎていた金額の返済を求めるもので、債務整理のなかで確認されることはありますが、全くべつのものです。
詳しくはこちらをご覧下さい

主婦の仕事とかも色々あるんだね。

新聞の記事に「夫の家事参加、褒めて伸ばせ」という内容があり、
とても気になりました。
記事によると「ダメ出しをされるとやる気が喪失する」
「ありがとう、で上機嫌になる」ということが書かれていました。
私はパートなので、完全なる共働きではないかもしれませんが、
仕事に家事に育児と大変な毎日を過ごしています。
パートを始めた当初は、
夫も大変だろうと思ったのか、
掃除や洗濯物干し、皿洗いなど色々な家事を結構手伝ってくれていました。
でも、最近は、夫は休みで私が仕事の日でも、
皿洗いくらいしかしてくれなくなりました。
私としては、ダメ出しをした気はしていませんし、
「ありがとう」と伝えていたように思います。
少々私とやり方が違うので、イラッとしたり、
アドバイスをしたりしたかもしれません。
そのせいで夫のやる気がなくなったのだろうか…
後は、夫がする前に時間がなくても
なんとかやってしまうのがいけなかったのかもしれません。
新聞にも「ダメな主婦を装う」と書かれていました。
少しずつでも、家事を手伝ってもらえるように
記事を参考に考えてみようと思っています。

たまに温泉に行くのも悪くない。

月並みですが、私は温泉が大好きです。体の芯から温まり、のんびりゆっくりできるので最高です。それに、旅館の料理も美味しいですよね。
この前は、友達と湯河原温泉に行ってきました。私が宿泊した宿は駅からちょっと離れた場所にあり、

たくさんの緑に囲まれていました。チェックインを済ませ、さっそくお風呂に向かいました。
小さめな旅館だったためか、私たちしかいませんでした。誰もいない温泉にテンションが上がります!
露天風呂は、目の前に青々とした夏の森が広がっていました。トトロが出てきそうな雰囲気です。

まったりお喋りしながら、入浴を楽しみました。その後夕飯を食べ、再びお風呂に入りました。友達はテレビを見ていたので、今度は一人で入りました。
夜の露天風呂からは、たくさんの星々が見えました。黒く見える森は、昼と違って何だか厳かな雰囲気です。自然の美しさを感じながら、一人でちょっと哲学的な気分になりながら入浴しました。
このように、私は温泉を満喫して帰路につきました。また時間があれば温泉に行きたいです。

星に願いを・・・

8月12日と13日はペルセウス座流星群が見える最盛期であります。
場所はどこでもOK、時間は0時から夜明けで月明かりと街の光がない方向を見ると見易いそうです。

それで私は11日夜は早めに床に就き、日付が変わった12日0時に起きて外に出てみました。
すると残念ながら外は雲ばかりで星はまったく見えません。
11日は雨と曇りの天気ばかりだったのでそうなることは予測通りでしたので特別ショックではなく、この日は下見に費やすことにしました。

私の地元は田舎ながら街灯がしっかり整備されており、夜でも安心して歩けるのですが、こういう星を見たい日にはそれが裏目に出ます。
私は移動手段は徒歩しかないのですが、その範囲で行けるところでは川岸の堤防上の道が良いように思いました。
そこは街灯がなくて暗いのですが、道はしっかり整備されており、何かあってもすぐに街灯が豊富な橋やアーケード街に行けます。

明日はまた行くことにして今日は就寝したのですが、目が覚めてみると今日も曇りでした。
これだと今日もダメかなと思ったらなんと午後から急速に晴れ出したので、今夜はとても期待できるなとわくわくしている現在です。

外食貧乏に気をつけよう

お出かけしてお買い物をする事、外食する事が大好きな私。
家庭向きとは言えないかも。
かわいいわが子の為なら多少の無理もしますが、本当は一人が好きでゆっくり一人でお買い物やお茶をしたい。

いつも出かける時は息子と一緒。
彼も自分が行きたいお店があるし、かわいい息子なので出来るだけ付き合ってあげます。彼が食べたいと思うものを食べに連れて行きます。
その代り、私が行きたいお店にも付き合ってもらい、当然お茶にも付き合わせます。
まだ子供なので、先に彼を満足させておけば、後から私の用事に付き合わせても、それ程嫌がりません。

ここ1か月ほど、素敵なサンダル探しに躍起になっている私。
先日、買おうかどうしようか散々迷った挙句、買い逃してしまったので。
お買い物大好きの私は息子と一緒に居ようが居まいが、欲しい物を探す時には
目を皿のようにして、店内を隅から隅まで移動しながら探します。
これで息子が「疲れた~」と言い出すので、次のお茶タイムに付き合わせる。

いつもこんな感じのお買い物です。

ダイエットと似ているかも。

何を今更と思われるかもしれませんが、最近見事に
成功したダイエット方法があったので書きたいと思います。
そのダイエットは「寒天ゼリーダイエット」です。
普通自分で寒天を購入して自分好みの味に仕上げたり
料理に長けている人はサラダなどそれなりの主食のお供を
つくることが出来ると思います。
自分にはそんな器用さがなかったので、とても横着な方法ですが
セブンイレブンブランドの寒天ゼリーを食べていました。
味はぶどうとみかんの2種類です。牛乳寒天ゼリーも売っていましたが
よくはわからないけども完全にカロリーを遮断したいと思い
『0kcal』と記載してあるゼリーを選びました。
みかん味もぶどう味も大好きなので苦労はなかったです。
方法は至極単純です。昼ご飯をこの寒天ゼリーに置き換える事でした。
朝はがっつり、夜は少な目でこの食生活を1ヵ月続けました。
すると何と約9キロの減量に成功したのです。
運動は通勤にウォーキングを20分程の量でした。
寒天の効力は馬鹿に出来ないなと思いました。

ジュエリーでお金を使ってしまうと・・・

今週の水曜日に、ネットでプリンセスカットのダイヤの指輪にホワイトダイヤが取り巻いている指輪がステキだなと思って、注文してみたんです。
でもそのジュエリーショップは、お盆やすみで問い合わせしても電話が通じませんでした。私はそのプリンセスカットの黄色っぽいのが気に入って注文してみたんですが、
よくサイトを見るとプリンセスカットの透明度がIクラスだということを知りました。
私はダイヤモンドのジュエリーが好きですので、クラリティとか詳しいのです。
でもその指輪のデザイン自体が気に入ってしまったので、注文してしまったんです。
値段もそれほど高いなという印象はありませんでした。
それに届いて、イメージが違えば8日以内なら返品が可能とのことでしたので、少し安心しました。楽天のジュエリーサイトでは、よくジュエリーを買っていたのですがそのサイトは独自のサイトで、本当に綺麗な宝石と言っていいほどの珍しいジュエリーを扱っています。
これからどんどん欲しくなりそうで怖いです。

コンサートで借金しないように。

先週末、KAT-TUNのコンサート(北海道公演)に行ってきました。
完全なるミーハー心と、「人助け」な気持ちで、行ってきました。

私の友人にKAT-TUNファンの子がいるので、CDをもらったり、
話を聞いているうちにちょっとずつ気になる存在になっていったんです。
「人助け」というのは、チケット譲渡サイトでサービスしすぎでは?と思うくらい格安の値段でチケットを譲ってくれる方がいて、
「ステージから遠い席とはいえ、ここまで値下げしてくれるなんて、こんな優しい人の助けになりたい」という気持ちになり…
条件が良すぎたので半信半疑ではありましたが、当日、無事にチケットを譲り受けることができました(ちゃんと本物のチケットでしたよ!)

さてさて、私は最新アルバムも聴いていなければ、彼らのコンサート映像も見たことがない超初心者でしたが、結論からいうと
「このコンサートすごく楽しい!!!」でした。

映像や照明の迫力や美しさももちろんですが、何より嬉しかったのは天井席(天井に近いスタンド席・ステージから遠い席のこと)までメンバーが来てくれたこと!
ジャニーズといえば「トロッコ」で客席を回るのが通例ですが、
スタンド席まで1人ひとりが来てくれて、曲の演出に合わせて手を振ってくれたり水鉄砲で水をかけてくれたり…。
ちなみに私は中丸くんに水をかけてもらいました。

また行きたい!と思えるコンサートでした。

ミステリとかもね。

ミステリー小説好きにはたまらない、「小説家」「脚本家」の肩書きをもつ木下半太。
映画にもなった「悪魔のエレベーター」、品川ヒロシ監督、藤原竜也主演の「サンブンノイチ」といえばご存知の方もいるのではないでしょうか。
読書というと難しい、眠くなるというマイナスのイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、まずは手に取って欲しい。何を隠そう私も数年前まで読書とは全く無縁だったのにも関わらず、この悪魔シリーズに出会ってから読書が趣味になった程、とにかく面白い!
松本清張のように社会派の内容ではなく、まるでドラマを見てるかのようなリアル感、スピード感、そしてラストは予想を裏切るどんでん返し。読者の期待に応えてくれる作品ばかりです。また、登場人物も個性豊かなキャラクターが揃い、それぞれがラストに向かっていい動きをみせています。
読書に苦手意識をお持ちの方、まずは「悪魔シリーズ」からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。